富士山の湧水マップです。湧水の情報を地図と写真を使ってご案内しています。

富士山湧水マップトップへ

 

 

湧水調査方法

       【 調査項目・調査方法 】

 

 1.調査項目と調査基準

  ・色…無色、褐色、茶色、緑色など

  ・にごり…あり、なし(透明)、にごりの強弱など

  ・におい…あり、なし、藻のにおいやドロのにおいなど

  ・硝酸態窒素…数字が大きいほど水が汚い

  ・COD…数字が大きいほど水中の有機物が多い

  ・全硬度…数字が大きいほど硬水、小さいほど軟水

  ・pH…数字が小さいほど酸性、大きいほどアルカリ性

  ・電気伝導率…数字が大きいほど水中の塩分(イオン)が多い

  ・水温…温度計を使用

 

 2.調査方法

  硝酸態窒素、pH、COD、全硬度の4項目は以下薬品を使用し測定した。

  ・パックテスト 硝酸/硝酸態窒素 WAK-NO3

  ・パックテストPH WAK-pH

  ・パックテスト COD(低濃度) WAK-COD

  ・パックテスト 全硬度(総硬度) WAK-TH

 

 ●測り方

   @チューブ先端のラインを引き抜く。この際、先端に触れないよう注意する。

 
   
 
   

  A穴を上にして、指でチューブの下半分を強くつまみ、中の空気を追い出す。

 
   

  Bそのまま穴を検水の中に入れ、つまんだ指をゆるめ、半分ぐらい水を吸い込むまで待つ。

 
   

  C液が漏れないようにかるく5〜6回振る。

 
   

  D指定時間後にチューブを標準色にのせて比色する。(指定時間は項目によりそれぞれ異なる。)

 
   
 
   

  ※尚、写真では「pH」を例に測定

 

 ●比色と測定値の読み方

  指定時間後にチューブ内の水の色を標準値と比べ、一番近い色の値がその水の検水の測定値になる。

  標準色と色の間の場合は、だいたいの中間の値を読む。