富士山の湧水マップです。湧水の情報を地図と写真を使ってご案内しています。

富士山湧水マップトップへ
湧水について


  • 目的
  • 湧水について

【「富士山湧水マップ」の目的】



 富士山(3,776m)は、何度も噴火を繰り返し、今から約1万年前に現在のような形になりました。噴火のたびに噴き出た溶岩の流れは、水を通しやすい層と通しにくい層がいくつも重なりながら40kmも離れた三島までやってきました(三島溶岩流)。富士山やその周辺に降った雨は地下にしみ込み、新たにしみ込んでくる雪解け水などの圧力により下へ押し出され、長い時間をかけて溶岩流の先端にある三島で湧き出します。年間を通して水温が16℃ぐらいと変わらないため、夏は冷たく、冬は温かく感じるうえ、地下にあったバナジウム等のミネラルを含んでいるので、おいしい水として評判です。

富士山を水源とする湧水は、静岡県・山梨県内に多数存在していますが、周辺の開発行為の進展による湧水地の減少や改変、水質悪化などの環境問題、被害が発生しており、富士山を水源とする川や海の資源保護のためにも湧水地の保全対策が大きな課題となっています。

グラウンドワーク三島では、平成18・19(2006・2007)年度、「富士山湧水インストラクター」の育成、富士山麓の湧水地調査、「富士山湧水マップ(紙媒体とホームページ)」の作成・開設による湧水地情報の発信などをとおして、富士山からの湧水の重要性や貴重性、文化・歴史性、湧水保護活動などを進めてきました。

しかし、富士山の世界文化遺産登録から数年が経過した現在、富士山の登山者数や富士山地域の観光入込客数の急増によるオーバーユースが発生するなど、富士山への環境負荷はますます増大しており、富士山周辺に点在する湧水地は存亡の危機にさらされています。 そこで平成25(2013)年度には、平成18・19(2006・2007)年度に調査した富士山麓の湧水地の再調査と「富士山湧水マップ」の更新を実施しました。

続く平成26(2014)年度には、平成25(2013)年度までに調査した湧水地の豊水期(夏季)と渇水期(冬季)の2回に分けた再調査と、「富士山湧水マップ」の更新を実施し、富士山の湧水地の継続的な実態把握と情報発信力のさらなる強化を進めました。

これらの活動をとおして、世界文化遺産に登録された富士山の環境整備を図り、「水の山・富士山」の宝物・財産である湧水地の保全体制をより強固なものにすることを目的としています。